オーダージュエリー★一粒パールネックレス

2021.05.25
miya color
ミヤカラー オーダーアクセサリー パール

 

アクセサリーの選び方が分かります

 

オシャレは分かってきているのに・・・

アクセサリーの付け方が分からない・・・

アクセサリー選びに自信が無いと思っている人へ

今回は オーダーいただいた一粒バロックパールについてご紹介します。

 

私も、オンリーワンのアクセサリーが欲しいっ!

私がつけていた3連パールネックレスに注目してくださり、「私のもつくって欲しい・・・っ!」と、リクエストをいただきました。

YouTubeで、2回にわたりご出演いただき、私の顔をイエベとブルべで半分ずつメイクをしてもらったメイクセラピストの恭子さん。

いつもFacebookを見てくださり、そこで紹介したアクセサリーをしていると、「あっ、コレね、素敵♪」と、いつも目に止めてくださっていました。

 

ご自身もおしゃれが大好き。

 

だからこそ、アクセサリーひとつで、

・おしゃれの格上げができる

・人とは違うオシャレが楽しめる

・品ある華やかさがプラスされる

・自分の個性を表現することができる

ことに気づかれていました。

 

個性的なデザインは、一般販売では、なかなか見つからない

ご自身もアクセサリーは、たくさんお持ちだとか・・・。

ただ、誰とも被らない個性的なデザインのアクセサリーは、ないとのこと。

フープのイヤリングや、チェーンのシンプルなネックレスがほとんど・・・。

人とは違うデザインのアクセサリーは、やはり自然と目がいくし、注目もされます。

でも、そんなデザインのアクセサリーが欲しくても、「どこで買えば?」「どこを探せば?」全く見当もつかなかったそうです。

 

そういう点では、オーダージュエリーは、すべてを叶えてくれます。

こんな色で、こんな長さで、こんなイメージで・・・etc.

 

魅力に寄り添うネックレスをお創りします

志高く、凛々しくスマートな女性、恭子さん。

恭子さんの魅力に寄り添うためのパーツ選びから始まります。

・チェーンの色

・パールの色×カタチ

・留め具パーツ

ひとつひとつ丁寧にチョイスしていきます。

 

つけていただいた時に、その方に馴染むことを一番のベースにしているからです。

実は、チェーンの長さも、バランスを見ながら、1センチ単位で調整していってるぐらいなンです。

 

例えば、凛々しさをカタチで現すのなら、留め具マンテルの形は丸ではなく四角に、パールの形も丸みよりも角を感じるモノ、そのように

イメージをカタチにしながら、選んでいます。

 

パールの色にもこだわっています。

いろんな色があるって、ご存知でしたか?

黄みおびたパール、ピンクがかったパール、グレーがかったパール、ホワイトに近いパール・・・。

天然だからこそ、唯一無二のパールたち。

 

今回選んだのパールは、コチラです。

ミヤカラーパールのオーダージュエリー

 

パーソナルカラーがブルーベースの方なので、見つけた瞬間、「ビビッ」と震えました!

「コレだーーーーッ!」って・・・。

 

長さが約3センチぐらいあるグレーのバロックパール。

お行儀の良い球のパールではなく、敢えて変形型のパール。

 

まさに、世界で一つだけのアクセサリー。

 

オーダーメイドは、サイコーの気分

創る側の想いも、ぎゅぎゅっと詰まっています。

それは、アクセサリーひとつで、美映え効果が上がるし、マインドも上がるからです。

素敵なジュエリーを身に着けていると、その宝石のもつパワーや神秘的な輝きが、背中を押してくれる気がしませんか?

「コレで、頑張れる」

「この輝きにあう女性になろう」って・・・・。

 

その分、お嫁入りさせていただく時は、いつも緊張。

長さ調整できるように、工具を持参しているぐらいなンです。

ドキドキも最高潮。

 

首にかけられ、胸元でキラッと輝いた瞬間、恭子さんの笑みも一気に満開になりました。

図司恭子さんオーダしたアクセサリー

「やっぱり違うネ。オンリーワンのアクセサリーは・・・♪特別感があるっ!」

そんな嬉しいお言葉に、ホッとする瞬間でもあり、緊張から解放される瞬間でもあります。

魅力がカタチになった瞬間です。

 

気持ちを後押ししてくれるジュエリー、貴女もいかがですか?

お洋服とアクセサリーでトータルコーディネート。

アクセサリーがコーディネートの主役になるときもあるし、引き立て役になるときもあります。

個性がキラリ、魅力をひきたててくれるジュエリーは、女性美を輝かせてくれます。

貴女もオーダージュエリー、いかがですか?

 

オーダージュエリーの作品集、詳細はコチラからになります。

カラーブランディングとは・コース料金